天空物語下灘駅 ジグソーパズル を作ってみた

2020年8月下旬、京都ヨドバシで「一度は降りてみたい駅-下灘駅-(愛媛) 「天空物語 KAGAYA」 光るジグソーパズル 1000ピース [10-1308]」を購入し、実際に組み立ててみました。平日夜に1,2時間の作業時間で約5日かかりました。

組立て前

パズル本体とパネルを購入、こたつ机の上で組み立てました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1000P】【KAGAYA】一度は降りてみたい駅−下灘駅−(愛媛)(光るパズル)
価格:3003円(税込、送料別) (2020/9/2時点)

楽天で購入

 

 

 パズルの中身

パズルの箱の中身です。パズル本体以外にノリとハケ、足りないピースの取り寄せはがき、10点分のサービスカードが入っていました。

 

袋からパズルを出して製作開始、1000ペースの山です。

 

組立ての様子

分別作業

パズル組み立ての基本、風景毎に分別作業を最初に実施しました。下灘駅のパズルの場合、大きく6種類に分類できました。1.パズル端、2.空(黒)、3.空(青)、4.夕焼け、5.構造物、6.ホーム

 

テレビをながら視聴で、作業を進めています。

 

輪郭の組立て

最初に端ピースを組立てて輪郭を作ります。

 

上部長辺と下部長辺は色がほぼ一緒なので総当たりしました。

 

パズル下部の組み立て

輪郭ができたら、パズル下部のホーム部から組み立てを開始します。手前なので組み立てやすかったのが理由です。

 

続いてホーム屋根と電柱の組み立てです。

 

続いて夕焼けです。

 

続いて、空の電柱です。ここまではガラに特徴があるため、迷っても箱見本で場所が特定できたため、楽でした。問題はここからです。

 

空の組み立て

パズル下部ができ、残りは上部の空が中心になったため、作業効率のため、机事ひっくり返しました。

 

ピース数が少ない黒空を先に作ります。

 

最後に残った青空、これが一番の難関でした。

 

どのピースも同じガラに見えるため、総当たりです。

 

完成した輪郭に沿ってを一個一個ぐるぐる当てはめていき、穴を埋めていきます。

 

後少しだ。

 

完成

完成した!疲れた。

 

完成したので、パネルに入れます。一度パズル全体を緑の台紙に載せ、その状態でパズル付属のノリを上から全体に塗って固めます。

 

ノリが固まって、透明になったらパネルに入れて完成です。

 

以上、天空物語下灘駅 ジグソーパズル を作ってみたでした。

今回組み立てたパズル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1000P】【KAGAYA】一度は降りてみたい駅−下灘駅−(愛媛)(光るパズル)
価格:3003円(税込、送料別) (2020/9/2時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

パズル関連記事はこちら